【EDの治し方】自力で勃起障害を改善するには!?

※当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。
ED(勃起不全)の自己改善方法について考えるイメージ

こんにちは!管理人のKANOです。

ご自身にED(勃起不全・勃起障害)の疑いや不安がある場合、
誰かに相談したり、いきなり病院を受診するのは
なかなかハードルが高くないですか?

私も、病院の前まで行っては引き返したことが
何度かあるので、よくわかります(汗)。

できれば医者にはかかりたくない・・
自力でなんとかできないだろうか?

この記事ではそんな悩みにお答えできるよう、
EDのセルフケアについてまとめました。

この記事を書いている私は
30代で中折れ(←れっきとしたEDです)を発症。
私のばあい病院には行かず、自力で克服しました。
その経験をもとにED全般の知識や情報を発信しています。
詳しい経緯はプロフィールでご紹介)

ぜひ読み進めてみてください。

ED症状をセルフケアで改善する方法4選

まず、結論ですが、
ED症状の改善が期待できるのセルフケアは下のとおり。

  • ストレスの発散
  • 生活習慣を改める
  • トレーニングの習慣化
  • 精力剤も選択肢

それぞれ内容は追って見ていきますが、
その前にご理解いただきたいことがあります。

ED、イコール「まったく勃起できない状態」と誤解されがちですが、
そうではありません。

  • 勃起までに時間がかかる
  • 勃起するには集中が必要
  • ときどきデキないこともある
  • 硬くなりきらない

などなど、
満足なセックスにつながらない症状はすべてED、ということです。
※参考>>【EDの症状について】勃起不全・勃起障害との違いは?

ちなみに、かつての私も
「勃起が持続できない」中折れに悩みましたが、
これもれっきとしたEDなワケです。

つまり、EDに該当する人は想像以上に多く、
ある調査では20歳以上の4人に1人、
40歳以上ではなんと2人に1人という結果もあるほど。

なので、なんらかのED症状にお悩みだったとしても、
ぜんぜん特別なことではないので凹むことはありませんよ!

さて、このようにEDにはいろいろな症状があると同時に、
いろいろな原因があります。

ご紹介するセルフケアでED症状が改善できるかどうかは、
その原因にもよりますので、
そちらも押さえておきましょう。

勃起は、「脳」がコーフンした信号が「神経」を伝わり、
ペニスの「血管」に大量の血液が流れ込んで起こる現象ですが、
この、「脳」「神経」「血管」のどこかで異常があるとEDが発症します。

考えられる異常は4タイプ。

  1. ストレスやプレッシャーといった精神的なもの(20代・30代に多い傾向
  2. 年齢や生活習慣により、神経や血管になんらかの異常があるもの
  3. くすりの服用が影響しているもの
  4. 1.の精神面と 2.の神経や血管の異常、その両方があてはまるもの(40代以上に多い傾向)

これらのうち①と②のタイプ(=くすりの副作用などでない場合)であれば、
これから挙げるセルフケアで改善できる可能性はじゅうぶん期待できます。

※こちらも参考
>>なぜ、EDに?勃起力が低下する原因を解りやすい言葉づかいで!

ストレスの発散

現代社会で生きている以上、完全にストレスなくすことはできません。
でも、あるていどストレスをコントロールすることは
可能かと思います。

ありふれたことですが、カラオケでもなんでも、
好きなことでリフレッシュする時間
をつくりましょう。

※参考>>ストレスはED(勃たない)最大の原因か!?【対策あり】

生活習慣を改める

高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、血管や神経を傷つける可能性があり、
勃起に重要な血流の妨げになりかねません。

タバコも、ニコチンが血管を収縮させるため血流を悪化させます。
また、肥満もEDとの因果関係が疑われています。

食事や生活態度を見直して、健やかなカラダづくりを心がけましょう。
※参考>>【EDと生活習慣病】その一皿、その一杯が勃起力に影響?

トレーニングの習慣化

海外では運動することでEDが快方に向かった例が存在します。

激しいトレーニングは必要ありません。
むしろムリなく続けられる軽めの運動を習慣に
すると良いです。

ウォーキングやジョギング、スクワットなどの
有酸素運動をおすすめします。

※参考>>【断言】勃起力を鍛えるトレーニング方法は超簡単&たった2つ

ちなみに、意外に思われるでしょうが、
自転車はED改善目的としては良くありません。

とくに長時間のサイクリングは、
サドルによる股間の圧迫が神経や血管を傷つける可能性があるからです。

普段から自転車が趣味・・という人はご注意くださいね。

精力剤も選択肢

精力剤を試してみるのも一つです。

精力剤には大きくわけて医薬品と
サプリメント(健康補助食品)があります。

ここでいう精力剤はサプリメントのことで、
ホルモン分泌の促進が期待される栄養素などを手軽に補給でき、
副作用もないのがメリット。

かりにEDの原因が失敗への不安など精神的なものが大きいなら、
精力剤を飲んだという心理的な心強さも好影響をもたらしてくれるでしょう。

生活習慣の改善やトレーニングがつづかない場合、それに代わる選択肢にもなります。
もちろん併用できれば相乗効果も期待できますよ!

個人的な話ですが、
私は精力剤のおかげでEDを克服しました。
※参考>>精力剤の成分やEDの改善効果【私はコレで救われました】

ちなみに、精力剤はED治療薬(バイアグラなど)とは異なります。

ED治療薬はくすりです。
副作用もありますし、場合によっては危険がともなうため、
日本では医師の診断と処方が必要な医療用医薬品に指定されています。
※参考>>ご存知ですか?ED治療薬の正しい知識

まとめ

この記事では自分でできるEDの改善方法について見てきました。

私も自分自身でなんとかEDから勃ち直るべく、
いろいろと試行錯誤しました。

スクワットなどのトレーニングや規則正しい生活習慣は、
EDを克服できた今でも習慣としてつづけています。

ぜひ参考にしていただき、
健全な勃起を取り戻していただけたら何よりです!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
折れずにいきましょう!

【 追伸 】

誰にも知られず、自力でEDを克服したい
そうお考えの方に経験者の管理人がご提案するのは精力剤(下記・参考記事)です。
焦らず、根本的な改善をめざすなら試さない手はありません。

\ ピンとくる精力剤を探す /