肥満がEDリスク大な理由とは【1つどころじゃない話】

※当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。
メジャー(巻き尺)がグルグル巻きついたフォーク。肥満とEDの関係を象徴するイメージ。

こんにちは!管理人のKANOです。

コロナ禍による外出自粛や運動不足の影響でしょうか。
近ごろ太りぎみで悩まれている方が増えているそうです。

慢性的な肥満は糖尿病や高血圧を引き起こしますが、
じつはED(勃起不全)の原因にもなります。

つぎつぎと変異しては忍び寄ってくるウィルスもやっかいですが、
閉じこもりでEDリスクが高まるのコワイですよね。

ということで今回は、肥満とEDの関係について解説します。

気づいたら見た目もアソコもヤバイことに…
そんな悲劇を避けるためにも、ぜひご一読ください!

この記事を書いている私は
30代で中折れ(←れっきとしたEDです)を発症。
私のばあい病院には行かず、自力で克服しました。
その経験をもとにED全般の知識や情報を発信しています。
詳しい経緯はプロフィールでご紹介)

肥満がEDにつながる理由とは

肥満がEDにつながる理由とは

太りはじめると、すぐさまEDになる…というワケではありません。
ただ、肥満はEDにつながる要因を確実に、
それも複数引き起こします。

まず、肥満がつづくと、
糖尿病や高血圧といった生活習慣病になりやすくなります。
すると動脈硬化がすすんで、血流が悪化することに。。
そのけっか、ペニスに流れ込む血液も滞ってしまい、
じゅうぶんに勃起しにくくなる
のです。
※参考>>【EDと生活習慣病】その一皿、その一杯が勃起力に影響?

また、太っているとイビキをかきやすくなりますが、
じつは睡眠時無呼吸症候群もEDと関係があることがわかってきました。
※参考>>睡眠時無呼吸症候群でEDに!?【“いびき”もED予備軍】

さらに、
肥満は男性ホルモンの「テストステロン」分泌を減少させます。
ある病院の調査報告でも、
来院男性125名のうちBMI値が30以上(25以上だと肥満)の男性は
テストステロン量の少なさが顕著だったそうです。

テストステロンは性欲や射精などにかかわる重要なホルモンなので、
不足すると性機能そのものが低下しかねません。
※参考>>【テストステロンの正体】勃起力の低下に関係はある?

肥満とEDの関係がわかったら【肥満を自己診断しよう】

肥満とEDの関係がわかったら【肥満を自己診断しよう】

では、自身が肥満かどうかを診断しましょう。
あきらかに「太っている」または「太ってしまった」なら話は早いですが、
微妙なケースもありますよね。

そこで活用するのが、先ほどのお話でもチラッと登場した「BMI」。

体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)= BMI

という計算式で導かれる数値で、これが25以上だと肥満にあたります。

※たとえば管理人の私(身長175センチ、体重62キロ)なら、
62(キログラム)÷1.75(メートル)÷1.75(メートル)=20.24489・・
となります(セーフ!)

ちなみに海外のデータでは、
BMI値30以上の男性のEDリスクは23未満の約1.7倍だそうです。。

EDの原因が肥満なら【改善方法はシンプル】

EDの原因が肥満なら【改善方法はシンプル】

つきなみですが、いちばんは
バランスのとれた食生活と適度な運動です。
※参考>>【断言】勃起力を鍛えるトレーニング方法は超簡単&たった2つ

じっさい、肥満でEDの男性がダイエットに取り組んだところ、
体重が減少するにつれてED症状が改善したという報告は多数あります。

病院を受診しても、
処方されるくすり(バイアグラなどのED治療薬)は対処療法にすぎません。

根本的に治すには、やはり健康づくりが不可欠。

EDには肥満以外にも加齢やストレスなど、
大もとになる原因がありますが、
なかでも肥満は自身で「予防・改善」できるものです。

※参考>>なぜ、EDに?勃起力が低下する原因を解りやすい言葉づかいで!

EDは局所的な疾患ではなく、全身の健康状態と密接にかかわっています。

ぜひ、規則正しい生活を心がけ、
力強い勃起を根本からとりもどしてくださいね!

参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
折れずにいきましょう!