【 EDを放置するリスクとは】病院には行かない…としたら?

※当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。
森の中に放置され、朽ちかけた青いクラシックカー。ED(勃起不全)を放置した先に待つ未来を暗示するイメージ。

こんにちは!管理人のKANOです。

「最近、アソコが元気ない。
途中でダメになったり、たまに勃たなかったりも…
これって、いわゆるEDのはじまり?
ぜんぜん勃起しないワケじゃないから、
これ以上悪くならなきゃいいんだけど。
できれば病院は避けたい、、このまま放置したらどうなる??」

こんなお悩みにお答えします。

この記事を書いている私は
30代で中折れ(←れっきとしたEDです)を発症。
私のばあい病院には行かず、自力で克服しました。
その経験をもとにED全般の知識や情報を発信しています。
詳しい経緯はプロフィールでご紹介)

お役に立てれば幸いです。

EDを放置したら?【悪化&さらなる疾患にも】

EDを放置したら?【悪化&さらなる疾患にも】

お察しのとおり、
・途中で萎える(中折れ)
・たまに勃起しない

などはすべてED(勃起不全)の症状ですね。

「まったく勃起しない」ような完全EDはむしろレアケースで、
ほとんどは上のような軽症から中等症のパターンになります。
※参考>>【EDの症状について】勃起不全・勃起障害との違いは?

そして、どのようなパターンでも、
なにもせず放置していると、やはり悪化する可能性が大。
それどころか重大な疾患につながるリスクもあります。

なぜなら、EDはたんにペニスだけの問題ではなく、
カラダ全体にかかわる異常のシグナル
かもしれないから。

じつは、ペニスの動脈はカラダ中でもっとも細く、
わずか1〜2ミリほどしかありません(脳動脈が5〜7ミリ、心臓の冠動脈が3~4ミリ)。
これは、血流が悪くなる動脈硬化などの症状がもっとも早く出やすい、
ということを意味します。

勃起はペニスに大量の血液が流れ込んで膨れ上がる現象なので、
勃起しにくいということは、血液が流れ込みにくい、
つまり動脈硬化の兆候かもしれない、
ということがいえるワケです。

かりに、感じておられるED症状がほんとうに動脈硬化の兆候、だとしますね。
そのばあい、ペニスよりも太い心臓や脳の動脈にも、
いずれ遅かれ早かれ血流障害がおよぶことに。

じっさい、40〜60代のED男性を検査したところ、
半数以上に心血管系の異常
が見られたそうです。
また、べつのデータでも、心臓の冠動脈に疾患をかかえた男性の4〜7割がEDで、
彼らがEDを自覚したのは冠動脈疾患を発症する2~3年前
だった
ことも
明らかになっています。

ほかにも、EDの男性は糖尿病や高血圧といった
生活習慣病
を患っているケースも
少なくありません。
※参考>>【EDと生活習慣病】その一皿、その一杯が勃起力に影響?

精神性のEDも放置はNG

精神性のEDも放置はNG

EDは重大な疾患の前兆かもしれず、
それを放置するのはリスクが大きいとおわかりいただけたでしょうか。

もしかすると、
「まだ若いし、さすがに動脈硬化はありえない。
どっちかというと自分はストレスが原因な気がする…」

と思われるかもしれませんね。

たしかに、EDは動脈硬化など肉体的な原因だけでなく、
精神的な影響も大きいです。
※参考>>なぜ、EDに?勃起力が低下する原因を解りやすい言葉づかいで!

とはいえ、やはり放置していて改善されることはありませんよ。
ストレスやプレッシャーなどが原因(専門的には心因性EDといいます)なら、
それはそれで問題。

こちらのストレスはED(勃たない)最大の原因か!?【対策あり】
の記事も参考にしつつ、ぜひ早めに対策をしていだければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょう。

EDは男としてのプライドにかかわるうえ、
重大な疾患につながる可能性もあるので放置してはいけません。

とくに、血管系など肉体面のトラブルがご心配でしたら、
できれば専門医を受診するのが理想
でしょう。
※参考>>病院でのED(勃起不全)治療をご存知ですか?【治療法まとめ8選】

それでも「病院は避けたい(私もそうでした)」なら、
自力でのED対策もあります。
根本的な健康づくりと体質改善のため時間はかかりますが、

本来の勃起をめざせますし、動脈硬化の回避にも有効できます。
よろしければこれを機に取り組んでみてくださいね。

※参考>>【EDの治し方】自力で勃起障害を改善するには!?

また、精力剤も有力な手段です。
※参考>>【精力剤とは】成分やEDの改善効果は?【私はコレで救われました】

参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
折れずにいきましょう!

【 追伸 】

誰にも知られず、自力でEDを克服したい
そうお考えの方に経験者の管理人がご提案するのは精力剤(下記・参考記事)です。
焦らず、根本的な改善をめざすなら試さない手はありません。

\ ピンとくる精力剤を探す /