バイアグラの偽物はどれほど危険?【副作用どころじゃないヤバイ話】

※当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。
禁止マークの中に、手でストップをかける男性のイラスト。バイアグラの偽物の危険性と、その使用を制するイメージ。

こんにちは!管理人のKANOです。

「バイアグラの偽物があるって本当?
もしそうなら、偽物ってやっぱり危ない?
具体的に知りたい」

こんな疑問にお答えする記事です。
参考になれば幸いです。

この記事を書いている私は
30代で中折れ(←れっきとしたEDです)を発症。
私のばあい病院には行かず、自力で克服しました。
その経験をもとにED全般の知識や情報を発信しています。
詳しい経緯はプロフィールでご紹介)

バイアグラは偽物が横行しているという実態

バイアグラは偽物が横行しているという実態。

バイアグラに偽物があるのは事実です。

効果がないのはもちろん、
重大な健康被害につながりかねません。

もしも通販サイトからバイアグラを購入しようとお考えなら、
ぜひおやめください。

なぜなら、偽造品のほとんどはネット上に出回っているから。
その確率もおどろきで、なんと4割とも5割とも!
厚生労働省も実態調査にのりだして、
偽造品による被害はネット上で購入したケースが圧倒的
だと
結論づけています。

偽造バイアグラは世界中で製造されていて、
これまでに日本をふくむ60カ国で発見されました。

ちなみに、正規品のバイアグラはアメリカの(有名な)ファイザー社製。
そこにつけこみ、アメリカを経由するだけで
「アメリカ製」をうたう偽造品も!
なので、「アメリカ製」だからと安心するのも危険です。

※参考>>バイアグラは精力剤?効き目や注意点は?【失敗しない知識まとめ】

バイアグラの偽物はどのくらい危険?【最悪だと死のリスクも】

バイアグラの偽物はどのくらい危険?【最悪だと死のリスクも】

偽造バイアグラのばあい、
正規品とちがって不衛生で劣悪な環境で製造されていたり、
不純物が混ざっていたりして、とても危険
です。

2016年、日本でバイアグラなどを製造販売する大手製薬会社、
ファイザー、バイエル薬品、日本新薬、日本イーライリリーの4社が
合同で調査・分析をおこないました。

けっか、ネット購入で見つかった約4割の偽造品に、

  • 正規品の1.5倍もの有効成分
  • 有効成分がほとんど含まれていない
  • 正規品にない規格をうたう
  • 正規品以外のくすりの成分をふくむ
  • 正規品にはない物質をふくむ

などの事実が判明。
とうぜん予想されるのは、想定外の副作用や健康被害です。

じっさい、先ほどの製薬会社には、

  • 不整脈
  • 下痢と嘔吐
  • 胸を圧迫されるような痛み
  • 首や背中に鈍痛
  • 意識を失い痙攣
  • 目の前が真っ暗に

などの被害報告が寄せられています。
さらに深刻なケースでは、2011年に奈良県の男性が意識障害で病院に搬送
また、呼吸困難で死亡した男性のポケットから
偽造品がでてきたケース
もありました。

バイアグラは正規ルートから入手するのが偽物不安の解決策

バイアグラは正規ルートから入手するのが偽物不安の解決策。

バイアグラは病院か調剤薬局で入手しましょう。

そもそも、
日本ではバイアグラの市販(通販ふくむ)は認められていません。
つまり、違法です。

というのも、
バイアグラはED治療薬とよばれる「くすり」で、
ほんらい医師が処方しなければいけない「医療用医薬品」
だから。
ペニスへの血流をうながして、勃起しやすいようサポートします。
(飲むだけで勝手に勃起したり、ムラムラしたりはしませんよ)

くすりのなかでも、薬局やドラッグストア、通販など、
市販で販売していいのは「一般医薬品」にふくまれるもの。
それに対して「医療用医薬品」は、
医療機関や調剤薬局などでの対面販売が決められています。

※参考>>ご存知ですか?ED治療薬の正しい知識

偽物でなく本物だとしても、バイアグラの通販購入はさけるべき理由

偽物でなく本物だとしても、バイアグラの通販購入はさけるべき理由。

ネット上に出回っているバイアグラの4割〜5割は偽造品。
ぎゃくにいえば、半分近くは正規品(本物)でもあります。

もっといえば、通販がすべて違法ということでもありません。

厳密には、日本国内から発送しているケースはNGですが、
個人輸入代行サービスといったカタチで海外から直接輸入するのはセーフ。

※個人輸入代行:個人輸入にかかわる手続きや手間を代行して請け負うこと。
バイアグラをふくむED治療薬をあつかう多くの通販サイトはこのシステム。

ですが、たとえ違法ではなく、本物だとしても、
やはりバイアグラの通販購入はさけるべき
でしょう。

なぜなら、くすりである以上、副作用があります。
また、バイアグラには併用禁忌といって、
飲み合わせ厳禁のくすりもあります。
さらには、バイアグラが使えない疾患や病歴も。

つまり、正規品であっても、
正しい知識がないまま服用するのはリスクが大きいということです。
レアケースですが、バイアグラの本国アメリカでも、
正規品を服用したにもかかわらず死亡した例がありました。

医師の処方せんがなければ入手不可とされるのも、
このような安全上の理由あってのことです。

※参考>>バイアグラの通販購入は安全か?【本音で語ってみた】

ちなみに、バイアグラの偽物は見分けられる?

ちなみに、バイアグラの偽物は見分けられる?

バイアグラの真偽を見分けるのは至難のワザです。
通販サイトが載せている写真だけで、ポチる前に見抜くのはムリかと。

とくに、精巧なものになると専門家でも判別が難しいといわれます。

手元にとどいてから「しまった」と後悔するのはキツイです。

もし、それでも見分けるポイントが気になる方は
こちらの【失敗回避】バイアグラの本物とニセモノの見分け方もご参照ください。

まとめ:ホンモノの勃起は本物のバイアグラで

今回は偽造バイアグラの実態と危険性をみてきました。

  • バイアグラの偽物があるのは事実
  • バイアグラの偽物は健康被害の危険が大きい
  • バイアグラの偽物はネット上に多く4割~5割も
  • バイアグラの偽物が多い通販はさけるべき
  • バイアグラはほんらい医師に処方してもらう「医療用医薬品」

バイアグラは1錠(50mg)で相場1,500円ほどもする高価なくすりです。
にもかかわらず、じつは一時的な勃起の補助薬にすぎず、
根本的な治療薬ではありません。しかも保険も使えません。
※参考>>納得できます?ED治療に保険が使えない【不都合な真実】

「だったら通販で買うほうがマシ。カンタンだし、割安だし」
と思いますよね。そのお気持ちはよくわかります。

でも、ホンモノの勃起は健康なカラダにこそ宿る、というもの。
バイアグラも正規ルートで本物を入手しましょう。
もしも、「偽物はコワイ」「本物もいろいろメンドイ」「ほかにイイ手は?」とお悩みなら、
バイアグラ以外のED治療薬やジェネリック医薬品などについて書いてある
バイアグラに抵抗感?よくある誤解とその他の選択肢とは!の記事もご参照ください。

くれぐれも、偽造バイアグラで効果をえられず、
勃起どころか健康とお金まで失うことのないよう、お気をつけくださいね。

参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
折れずにいきましょう!

【 追伸 】

誰にも知られず、自力でEDを克服したい
そうお考えの方に経験者の管理人がご提案するのは精力剤(下記・参考記事)です。
焦らず、根本的な改善をめざすなら試さない手はありません。

\ ピンとくる精力剤を探す /