ED(勃起不全)が40代で急増する原因とは【改善策まとめ】

※当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。
40代のED・勃起不全リスクの象徴的イメージ

こんにちは!管理人のKANOです。

一般に、ED(勃起不全・勃起障害)は加齢が引き起こすもの、と思われがちですね。

では、私もふくまれる40代はどうでしょう。

若いとも、若くないとも言えます(苦笑)。

個人差も大きくなってくる年代ですし、
30代に近いか50代に近いかでもまったく変わりそうです。

で、現実はどうかと言いますと、ある調査では40代の40%もの人が
なんらかのED症状を自覚しているという結果
がでています。

それらの原因がすべて加齢かといえば、そうではありません。

この記事で掘り下げますので、
ぜひ読み進めてみてください。

EDの定義と4つの原因

まず、EDは「まったく勃起できない」状態だけを指すのではありません。
むしろ、多くのケースが
「たまに勃起しないこともある」「中折れする」など軽度なものです。

そして、EDの原因は大きく4つのタイプに分かれます。

  1. 精神的な理由によるED(若い男性に多い傾向)
  2. 加齢や生活習慣病が理由で起こるED
  3. くすりの服用が理由で起こるED
  4. 1.の精神面と 2.の加齢や生活習慣、その両方が理由のED(高齢の男性に多い傾向)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

精神的な理由によるED

専門的には心因性EDと呼ばれます。

勃起は「脳」がコーフンする

コーフンが「神経」を伝わってペニスにとどく

ペニスの「血管」が拡がって血液が充満する

という流れで起こるのですが、
なんらかのストレスがこれら一連のメカニズムに悪影響をおよぼすのです。
※参考>>なぜ、勃起するのか?硬さを維持するメカニズムご存知ですか?

そして、もうすこし詳しい話をしますと、
この精神的なEDはさらに「現実心因」と「深層心因」という2つに分かれます。

現実心因:仕事や家庭のプレッシャー、コンプレックスなど心当たりのあるもの

まさに、働き盛りの40代のことを言っているように感じませんか。

部下ができる家庭をもつ子供ができるなど、どんどん増していく責任。
子づくりをプレッシャーに感じるケースもあるでしょう。

よくある人間関係などのストレスも、強すぎると脳の性的興奮を妨げたりします。

それらの要因がきっかけで、ある時たまたま勃起できなかったとします。

すると「次も失敗したらどうしよう」という不安や焦りが生まれ、
それがまた失敗につながって悪循環にはまってしまうパターンが典型的です。

深層心因:幼児期に負った心の傷やトラウマなど、無意識のもの

本人も気づいていない、または覚えていないようなケースです。

年齢に関係なく、なんらかのできごとが引き金になって、
ふいに発症することもあります。

本人にも心当たりがないのですから、
最後の最後に疑ってみる原因といえるでしょう。

もしこのケースですと、専門的な心理カウンセリングをもとにした
根本的な治療が必要かも
しれません。

※こちらも参考
>>ストレスはED(勃たない)最大の原因か!?【対策あり】

加齢や生活習慣病が理由で起こるED

専門的には器質性EDと呼ばれます。

年齢を重ねると、だんだんと血管の柔らかさが失われていくので、
血管が拡張できにくくなります。

いわゆる動脈硬化ですね。

個人差もありますが、動脈硬化は40代から始まってもおかしくありません。

上でも触れましたが、
勃起の最終段階はペニスの「血管」が拡がって血液が充満することでした。

血管は硬くなると十分に拡がらないので、
血流が悪くなってペニスにも流れ込みにくい、
つまり十分に勃起しにくい
、となるワケです。

また、糖尿病や高血圧などの生活習慣病も、
血管に負担がかかるため動脈硬化を早めます。

生活習慣病は年齢に関係なくかかります。

とくに、多忙による生活の乱れやストレスの多い40代は、
生活習慣病のリスクが大きい
でしょう。
※参考>>【EDと生活習慣病】その一皿、その一杯が勃起力に影響?

ちなみに、性欲の発動や精液の生成などにかかわる
「テストステロン」という男性ホルモンも、
お酒の飲みすぎやタバコ、ストレスで分泌が減る
ことがわかっています。

お酒好き、タバコ好きな人や、夜のつきあいが多い人はご注意ください。

※あわせて読みたい
>>器質性EDの特徴と原因について【わかりやすさ重視】
>>器質性EDの治し方【病院での治療と自力での対策まとめ】

くすりの服用が理由で起こるED

専門的には薬剤性EDと呼ばれます。

ワケあって何かくすりを飲んでいる場合、
その副作用でEDになることがあります。

例として挙げられるのは神経系のくすりで、
抗うつ剤、精神安定剤、睡眠薬など。

そのほか胃潰瘍のくすりや利尿剤なども可能性があります。

このタイプのEDはくすりが関係するので、
心当たりがあるなら専門医に相談してみることをオススメします。

精神面と、加齢や生活習慣、その両方が理由のED

専門的には混合性EDと呼ばれます。

たとえば動脈硬化で勃起しにくくなってきた人が、
あるときセックスで失敗したとします。

それがトラウマになって、失敗する頻度が上がってくる・・
ますます不安になって、さらに深刻化してしまう、、というパターン。

わりと高齢の男性に多いケースですが、40代でも十分ありえる話です。

まだ間に合う!EDの予防・改善策5選

ここまでEDになる原因を詳しく見てきました。

そのうち40代のED原因としてありがちなのは次の3つと言えそうです。

  1. 精神的な理由によるED
  2. 加齢や生活習慣病が理由で起こるED
  3. 1.の精神面と 2.の加齢や生活習慣、その両方が理由のED

私たち現代人は、
ストレスから完全に逃れることは難しいですよね。

もちろん歳をとることも避けられません。

でも、できることはあります!

適切な運動や健全な生活習慣を心がけることで、
EDを改善・予防することはじゅうぶん可能なのです。

具体的にご紹介します。

血流を促すトレーニング

適切な運動を続けることで、
勃起に欠かせない血流を促すことができます。

もちろんストレス発散、リフレッシュにも効果的です。

じっさい、海外では運動することでEDが快方に向かった例が存在します。

激しいトレーニングは必要ありません(それだと続きませんし)。
むしろムリなく続けられる軽めの運動を習慣にすると良いです。

オススメは有酸素運動で

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • スクワット

など。

私はどれも続けていますが、個人的にスクワットは一押しです。

自分の体重だけで、
膝を痛めないよう気をつけながら、ゆっくり深く30回。
2日やって1日休むペースで続けています。

お金もかからず場所もとりません。
1~2分で済むので、その気になればいつでもどこでもできますよね。

ふくらはぎが「第二の心臓」と言われているように、
下半身の筋肉は全身の血流に大きく影響します。

ぜひ習慣化して下半身から若返りましょう!
※参考>>【断言】勃起力を鍛えるトレーニング方法は超簡単&たった2つ

食生活を見直す

高カロリー、高脂質な食事は避けて、
高タンパク・低脂肪なメニューを中心にします。

とうぜん塩分の取り過ぎもいけませんよ。

そこで意識したいのが「お・さ・か・な・す・き・や・ね」。

これは

  • お茶/オリーブオイル
  • 海藻
  • 納豆
  • キノコ類
  • 野菜
  • ネギ類

の頭文字をならべたコトバで、血液をサラサラにしてくれる食材たちです。

どれも特別な食材ではありませんから、
ふだんの食事にも取り入れやすいでしょう。
あとはバランスよく食べることを心がけてくださいね。

※参考>>勃起力を高める食べ物とは?【食べやすいモノ限定】

禁煙する

タバコも、ニコチンが血管を収縮させるため血流を悪化させます。

私も、EDがきっかけではありませんが、
禁煙して7年が経ちました(2021年時点)。

タバコはED以外にも「百害あって一利なし」と言います。

この機会に、ぜひ真剣にトライしてみてはいかがでしょう。

お酒は適量で

過度のアルコールは脳や神経に悪影響をおよぼします。

「脳」「神経」「血管」がかかわる勃起メカニズムの障害になりかねません

反対に適量であれば、ストレスや緊張をやわらげてくれるため、
ED改善にプラスにはたらいてくれますよ。

十分な睡眠をとる

慢性的な睡眠不足もストレスになりますので、
性欲の発動や精液の生成などにかかわる「テストステロン」の分泌を減らしてしまいます。

働き盛りの40代は「6時間くらい寝るのがやっと」というのが現実かもしれません。

ですが、6時間以下はあきらかな睡眠不足です。

EDを深刻化させないためには、
毎日でなくとも、できるだけ多く眠るようにしてほしいです。

まとめ

いかがでしたでしょう。

40代のEDに関係が深そうな原因は

  1. 精神的な理由によるED
  2. 加齢や生活習慣病が理由で起こるED
  3. 1.の精神面と 2.の加齢や生活習慣、その両方が理由のED

そして改善策は

  • 血流を促すトレーニング
  • 食生活を見直す
  • 禁煙する
  • お酒は適量で
  • 十分な睡眠をとる

こうして見てみると、ふつうに思いつく健康法ですね。
ですが、思いつくのと実行するのでは大きな違いがあります。

要は、実行し続けることが大切。

私自身は30代で中折れ(←れっきとしたEDです)に苦しみましたが、
病院にはかからずに克服できました。

ここでご紹介したトレーニングを始めたこと、生活習慣を見直したこと、
とくに下の記事の精力剤(ゼファルリン)を試してみたことが大きかったです。

※参考>>【実体験】ゼファルリンをレビューする【口コミ紹介も】

詳しくはプロフィールでもお話していますので、よろしければ参考になさってください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
折れずにいきましょう!

【 追伸 】

誰にも知られず、自力でEDを克服したい
そうお考えの方に経験者の管理人がご提案するのは精力剤(下記・参考記事)です。
焦らず、根本的な改善をめざすなら試さない手はありません。

\ ピンとくる精力剤を探す /