朝立ちしないとED!?朝立ちするならEDじゃない!?

※当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。
白いレースにくるまれた、物憂げな寝起きの男性。朝立ちとEDの悩みを象徴するイメージ画像。

こんにちは!管理人のKANOです。

ED(勃起不全)と朝立ちの関係を心配されていますか?

「朝立ちしないと、EDなの…?」
「朝立ちするならEDじゃないよね…?

今回はそんな疑問、お悩みにお答えします。

この記事を書いている私は
30代で中折れ(←れっきとしたEDです)を発症。
私のばあい病院には行かず、自力で克服しました。
その経験をもとにED全般の知識や情報を発信しています。
詳しい経緯はプロフィールでご紹介)

ぜひ読み進めてみてください。

EDと朝立ちに関連性はある?

はじめに、ED(勃起不全)とは、
まったく勃起しないケースから、「硬さが足りない」「中折れする」など
軽度なものまでふくみます。
いうなれば、ペニスの勃起が十分でなかったり持続できなかったりで、
セックスを満足にやり遂げられない状態全般のこと。

※参考>>【EDの症状について】勃起不全・勃起障害との違いは?

そして、
朝立ちとEDはかならずしも結びつくものではありません。

なぜなら、朝立ちと通常の勃起は
そもそものメカニズムが違うから。

通常の勃起は、性的なコーフンによって起こります。
そこには見る、考える、想像する、
感じるといった意識がはたらいていますよね。

それに対して朝立ちは、
勃起は勃起でも性的な要素はとくには関係ありません。
ほとんど無意識の、単なる生理現象。

このような無意識の勃起を、健康な男性は眠っているあいだに
3〜8回ほど繰り返していて、それを夜間陰茎勃起現象といいます。

定期的にペニスに新鮮な血液を送り込んで、
メンテナンスしているようなイメージ。

眠りには浅いレム睡眠と深いノンレム睡眠が交互に訪れますが、
夜間勃起はレム睡眠とともに起きる生理現象。

なにかの拍子で夜中に目が覚めたら、
エッチな夢も見てないのに勃起していた、なんてことありますよね。
アレがそう。

じつは朝立ちは、この数回繰り返す夜間勃起のラストの1回で、
単に朝起きるタイミングと重なったものを「朝立ち」と呼んでいるだけ。
かりにノンレム睡眠中に起きたなら勃起はしていないはずです。

つまり朝立ちがあった(と自覚できる)かどうかはタイミングも関係します。
性的な勃起とはメカニズムも違うので、
かならずしもED(=満足にセックスできない状態)と
結びつくものではない、
ということですね。

朝立ちの有無で過度に心配したり、慌てる必要は
とりあえずはありません。

朝立ちしなくてもEDじゃない?

とはいえ、朝立ちとEDは完全に無関係でもありません。

先ほどお話したとおり、
朝立ちを自覚できるかどうかはタイミングもあります。
が、めっきり朝立ちが減ってきているなら、
やはりなんらかの異変がある可能性も。

ちなみに、物理的に勃起するには
ペニスに大量の血液が流れ込むことが不可欠です。
※参考>>なぜ、勃起するのか?硬さを維持するメカニズムご存知ですか?

ですが、たとえば加齢や生活習慣病などで血管に支障をきたすと、
血流が悪くなるため朝立ちであれなんであれ勃起しにくくなります。

このような、血管や神経などカラダの異変から起きるEDを
「器質性ED」
といいますが、
以前よりあきらかに朝立ちが減っているなら、
こちらの疑いもなきにしもあらずです。

※こちらも参考
>>なぜ、EDに?勃起力が低下する原因を解りやすい言葉づかいで!

朝立ちするけどEDかも?

ならば、はんたいに、
頻繁に朝立ちしていればEDはありえない?

じつは、それも違います。

物理的に勃起できているのであれば、
上のような「器質性ED」の可能性は外せそうです。

ただ、「心因性ED」といって、
精神的な原因によるEDもあります。

たとえば、朝立ちはしっかりあるのに、
いざセックス本番となるとなぜか失敗する…などのケース。

勃起するには物理的な血流も大切ですが、
じつは脳のコーフンが神経を通してペニスにつたわることも重要。

※参考>>なぜ、勃起するのか?硬さを維持するメカニズムご存知ですか?
ところが、ストレスやプレッシャー、心配ごとなどが多いと、
性的なコーフンが邪魔されて勃起しにくい、
または勃起がつづかなくなる(中折れ)んですね。

通常の勃起と朝立ちはメカニズムが違う、とお話しました。

そして、EDとは、
ペニスの勃起が十分でなかったり持続できなかったりで、
セックスを満足にやり遂げられない状態のこと。

つまり、無意識の生理現象である朝立ちはしても、
能動的なセックスの営みを楽しめないのだとしたら、
それはやはりED
ということになるワケです。

※こちらも参考
>>なぜ、EDに?勃起力が低下する原因を解りやすい言葉づかいで!

やはりEDかも、と心配なら

朝立ちの有無とEDはかならずしも直結しませんが、
まったく無関係でもない、とおわかりいただけたかと思います。

ここで、やはりEDが心配な方のために、
対策の参考になる記事もご案内しておきますね。

病院の受診をお考えなら

>>病院でのED(勃起不全)治療をご存知ですか?【治療法まとめ8選】

>>ご存知ですか?ED治療薬の正しい知識

>>納得できます?ED治療に保険が使えない【不都合な真実】

自力での改善を希望されるなら

>>【EDの治し方】自力で勃起障害を改善するには!?

>>【断言】勃起力を鍛えるトレーニング方法は超簡単&たった2つ

>>勃起力を高める食べ物とは?【食べやすいモノ限定】

>>【精力剤とは】成分やEDの改善効果は?【私はコレで救われました】

お役に立てれば幸いです。

まとめ

この記事では、
EDと朝立ちの関係性についてお話してきました。

いかがでしたか。

かりにEDだったとしても、べつに遅くありません。
適切な対策を実践できれば、
改善できる可能性はじゅうぶんあります。

ぜひ、健全な勃起をとりもどして、
セックスが待ち遠しくてしかたない毎日をお過ごしくださいね!

今回は以上になります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
折れずにいきましょう!

【 追伸 】

誰にも知られず、自力でEDを克服したい
そうお考えの方に経験者の管理人がご提案するのは精力剤(下記・参考記事)です。
焦らず、根本的な改善をめざすなら試さない手はありません。

\ ピンとくる精力剤を探す /