この若さでED?【20代・30代でも勃起不全になる原因とは】

※当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。
ED・勃起障害に悩む20代〜30代の男性イメージ

こんにちは!管理人のKANOです。

一般に、ED(勃起不全・勃起障害)は加齢が引き起こすもの、と思われがちです。

なので、若くして勃起力に不安があると、

「まだ20代だから、EDのはずがない・・」
「30代でEDなんて早くないか?」
「もしかしたら、なにか別の、悪い病気かも??」

などと不安になりませんか。

じつは、若年層でもEDになる人はとても多いのです。
(もっと早いケースでは10代で悩んでいる人も)

ある調査では、
なんと20代以上(成人男性)の2人に1人がなんらかのED症状を抱えているとか。

この記事で20代や30代でもEDになる事実を正しく理解しましょう。

そうすることで漠然とした不安を消せますし、
どんな改善策があるかも見えてきます。

この記事を書いている私は
30代で中折れ(←れっきとしたEDです)を発症。
私のばあい病院には行かず、自力で克服しました。
その経験をもとにED全般の知識や情報を発信しています。
詳しい経緯はプロフィールでご紹介)

ぜひ読み進めてみてください。

EDの真意と4つの原因

まず、大前提として認識していただきたいことがあります。

EDとは「まったく勃起できない」状態だけでなく、

  • たまに勃起しないこともある
  • 中折れする

などの軽度なケースもふくむということです。
※参考>>【EDの症状について】勃起不全・勃起障害との違いは?

そのため、上で書いたようにED対象となる人がとても多くなるのです。

そして、EDの原因は1つではありません。
大きく4つに分類されます。

  1. 精神的な理由(心の状態)によるED
  2. 加齢や生活習慣病が理由で起こるED
  3. くすりの服用が理由で起こるED
  4. 1.の精神面と 2.の加齢や生活習慣、その両方が理由のED

それぞれの詳細については下の記事もご参照ください。
※参考>>なぜ、EDに?勃起力が低下する原因を解りやすい言葉づかいで!

これらのうち、
若年層でもなりやすいのが 1.(精神的な理由によるED)ですね。

心配性や考えすぎ、完璧主義の人などは
とくに可能性があります。

症例として多いのは
たまに勃起できない」「硬くなりきらない」「途中で中折れしてしまう」など。

ちなみに私が30代で苦しんだのも中折れでした。

20代・30代が陥りやすい精神的なED

専門的には心因性EDと呼ばれます。

プレッシャーやトラウマ、疲労など、
なんらかのストレスが勃起のメカニズムに悪影響をおよぼすEDです。

※参考>>なぜ、勃起するのか?硬さを維持するメカニズムご存知ですか?

現代人であるかぎり、完全にストレスと無縁になるのはまず不可能ですよね。
そういう意味では、いちばん身近なEDといえるでしょう。

そして、もうすこし詳しい話をしますと、
この精神的な(心因性)EDは、さらに下の2種類に分かれます。

  • 現実心因:仕事や家庭のプレッシャー、コンプレックスなど心当たりのあるもの。
  • 深層心因:幼児期に負った心の傷や無意識のトラウマなど、本人が気づいていないもの。

精神的なEDが20代・30代に多い理由

若い世代は、
なにかと頑張らなければならないことが多いですよね。

社会の荒波にもまれ、責任も増していきます。

たとえば20代は、
就職で環境がガラリと変わったり、仕事で覚えることが山積みだったり、
職場の人間関係という洗礼をうけたり・・

30代なら部下ができた結婚した
子どもが生まれた家を買った・・

などなど、必然的にストレスが多くなりがちです。

つまりは「現実心因(心当たりがある)」のパターンにはまりやすくなります。

それらがキッカケとなって、
旺盛な性欲とはうらはらに、思うように勃起できなくなる
ワケです。
(受験戦争などで大変な10代の青少年も例外ではありません)

また、
20代はセックスの経験値そのものが低いケースも多いでしょう(10代ならなおさら)。

たまたま上手くいかなかったトラウマや、
緊張や不安といったストレスでまた失敗する、、
それが繰り返されることで、さらに悪循環にはまっていく・・

というパターンも典型的です。

過去の私も、
「また中折れするんじゃないか」という不安と焦りで
深みにはまっていきました。

精神的EDを克服するには

ここまでお話したように、
20代・30代のEDは精神的な原因によるケースが多いのが特徴。

身体機能に異常がないのであれば、精神面の問題を解決することで
EDを克服することもじゅうぶん可能です。

とはいえ、
たとえば職場環境や人間関係のストレスといった心当たりがあるとして、
ならば転職できるか、というと現実は難しいですよね。

セックスのトラウマやコンプレッスの問題も、
自分でプラス思考に転換できるならいいのですが、
そういう切り替えが上手ならそもそも精神的EDにはなっていないとも思えます。

セックスの場数を踏んで自信をつけるにも、
EDを克服できてからの話ですよね。

ではどうしたらいいか、、
考えられる解決策の例を挙げてみましょう。

セックスに工夫をプラスする

衣装や小道具、演出など、いつもと違うシゲキや趣向を加えてみます。

新鮮な感覚がコーフンを後押しして、
勃起を助けてくれるはず。

倦怠期のカップルなどにも効果的な方法ですね。

ただ、パートナーとなんでも話せるような、
理解と協力を得られる信頼関係が必要
になるでしょう。

なので、セックス経験が浅い人向きではないと思います。

専門医を受診してみる

あまり自分だけで悩みすぎると、さらに深刻化することもありえます。

できれば専門医を受診してみるのも、ひとつです。

専門医といっても、いきなり精神科ではありません。

EDの場合は原因にかかわらず、
まずは泌尿器科やED治療専門のクリニックを受診します。
(無意識のトラウマなど、深層心理にかかわるなら心療内科をすすめられるケースも)

治療内容ですが、精神的EDの場合、
おもにカウンセリングとED治療薬(バイアグラなど)の投薬です。

カウンセリングで原因をあきらかにしつつ、
ED治療薬のチカラを借りて
セックスの成功体験を積み重ねながら自信をとりもどす、

という流れが一般的なようです。

ただ、病院でED治療をうけるのは、なかなか高いハードルがあります。

まず、病院でのED治療は保険がきかない(自由診療あつかい)ので、
くすり代もふくめ費用はすべて患者が負担しなければなりません。

思った以上に治療費が高額になることもありえます。

治療が長引くケースならなおさらですし、
とくに20代では経済的負担が大きいはず。

事前に問い合わせるなど、費用感を確認してから受診するのが無難でしょう。

日本では、ED患者の多さのわりに受診する人がきわめて少ないようですが、
このあたりもネックになっているかもしれませんね。

もちろんEDというデリケートな症状をさらけ出しにくい、
という事情もあるでしょう。
(私も病院の前まで行って引き返したことが何度かあるのでわかります 汗)

だからといって、
ED治療薬をインターネット通販などで購入しようとしたり、
人から譲り受けたりするのは
お待ちください。

インターネット上にはニセモノも多く出回っていて、
それらは重大な健康被害をもたらすことも。
※参考>>バイアグラの偽物はどれほど危険?【副作用どころじゃないヤバイ話】

また、たとえ本物であっても医療機関を受診せずに入手、使用するには注意が必要です。
ED治療薬は、正しく使用しないと命にかかわることもあるため、
日本では医師の診断と処方が必要な医療用医薬品として定められていることは
理解しておきましょう。

※こちらも参考
>>病院でのED(勃起不全)治療をご存知ですか?【治療法まとめ8選】

精力剤を試してみる

ここでいう精力剤とはサプリメント(健康補助食品)です。

性ホルモンの分泌をたすける亜鉛などの栄養素や、
精力アップが期待されるマカなどの天然成分を
手軽に補給できます。

漢方のように、全身の血行や内臓機能を良くして
根本から体質を改善することも期待できます。

くすりに頼らず、
自分のチカラで自然な勃起をとりもどしたい、
そう考えるなら試す価値がある
と思います。
ちなみに管理人の私がEDを克服できたのも精力剤がきっかけでした。
※参考>>【精力剤とは】成分やEDの改善効果【私はコレで救われました】

ED治療薬のような副作用がありませんし、
市販で安心して購入できるので継続しやすいのもメリット。

さらに、ED治療薬とおなじように、
「飲んだ」心強さも精神面にプラスにはたらくので、

セックスの成功体験を積み重ねて自信をとりもどす

という可能性もじゅうぶんありえます。

トレーニングを習慣にする(←継続が大事)

なにも特別なことではありません。

私自身も続けており、
継続しやすいという視点でご紹介するトレーニングです。

  • スクワット
  • 肛門締め

詳しい方法は下の記事でご紹介しています。
ぜひご参照ください。
※参考>>【断言】勃起力を鍛えるトレーニング方法は超簡単&たった2つ

トレーニングは肉体面から勃起力をアップさせることが目的ですが、
ストレス解消やリフレッシュ効果もあって、
精神面も健やかにしてくれるのでオススメ
ですよ!

まとめ

いかがでしたでしょう。

若くてもでもEDになる原因と、それがけっして珍しくないことが
おわかりいただけたかと思います。

この記事が、お悩みの解決に少しでも役立てたら嬉しいです。

※あわせて読みたい
>>ストレスはED(勃たない)最大の原因か!?【対策あり】
>>【心因性EDかも…】そんな悩みを克服する【治し方まとめ】

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
折れずにいきましょう!

【 追伸 】

誰にも知られず、自力でEDを克服したい
そうお考えの方に経験者の管理人がご提案するのは精力剤(下記・参考記事)です。
焦らず、根本的な改善をめざすなら試さない手はありません。

\ ピンとくる精力剤を探す /