【不老長寿の妙薬・ガラナ】とは?男性機能や性力アップの効能は!?

※当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。
ブラジル原産のガラナを象徴するイメージ

こんにちは!管理人のKANOです。

今回は多くのサプリメントや精力剤の成分である
「ガラナ」についてご紹介します。

マカやクラチャイダム 、トンカットアリなどとならび、
ガラナにも長い歴史があります。

そして、科学的にみとめられた効果も多く、
大いに注目したい成分です。

ぜひ最後まで読み進めてみてください!

不老長寿の妙薬「ガラナ」とは

まず、
ガラナは南米最大の大国であるブラジルが原産のつる植物。

アマゾン川流域の熱帯雨林に自生していて、
12〜20メートルほどに成長します。
精力増強や痛み止め、また下痢の治療など、
現地の先住民族のあいだで古くから「不老長寿の妙薬」として
重宝されてきました。

なかでも「ガラナ」の名の由来であるガラニス族。
彼らは長寿のうえに勇ましい部族
で、
種子を乾燥させて煎ったペーストをいろいろな食べものや飲みもの、
またくすりの材料として利用してきたそうです。

先住民族たちに脈々と伝承され、神秘的とさえいわれるガラナの効能も、
16世紀には現地にわけいった探検家などによってヨーロッパに伝わります。
そして、その後のいろいろな研究で
科学的にも裏づけられることがわかってきました。

たとえば1997年のマウスによる実験では、身体能力の向上のほか、
1度のガラナエキス投与だけで記憶力が向上することが判明。
しかも朝鮮人参エキスよりも効果が大きいと結論づけられたほど。

※こちらも参考
>>高麗人参が秘める男性必読の効果とは!?【勃起不全の救世主】

今ではさまざまな健康ドリンクやサプリメントとしてなど、
その人気と知名度は世界中に広まっています。

ガラナにふくまれる成分

ガラナには小さな赤い実がなり、
そのなかの種子に豊富な有効成分がふくまれていて、
多種多様な効能がみとめられています。

順に見ていきましょう。

ガラニン
ガラナにふくまれるカフェインで、集中力や注意力がアップ。
そして、含有量はなんとコーヒーの約3〜4倍。
ふつうカフェインは神経を刺激しますが、
ガラニンの作用はおだやかで持続時間も長いのが特徴です。
また、ストレスをやわらげる効果も
あります。

サポニン
サポニンはマメ科の植物に多い成分で、
カラダの酸化(=老化・サビ)をふせぐ抗酸化作用や
血流の改善作用
で注目されています。
また、免疫アップやコレステロールをとりのぞく効果もあり、
生活習慣病の予防にも
メリット。

※参考>>【EDと生活習慣病】その一皿、その一杯が勃起力に影響?

テオブロミン
カカオに多くふくまれるテオブロミン。
動脈硬化や高血圧などの治療にも利用される成分です。
毛細血管を拡張させる作用があるので、
大量の血液流入が必要な勃起力の向上に期待
できます。

※参考>>なぜ、勃起するのか?硬さを維持するメカニズムご存知ですか?

タンニン
ワインやお茶にもふくまれる渋み成分です。
殺菌効果をはじめ、紫外線から肌をまもるメラニン色素を
ふやす
のに効果を発揮します。

カテキン
血糖値の上昇をおさえ、
脂質の吸収をコントロール
してくれる
はたらきがあります。

これらのほかにも、近年の研究の成果として

・鎮痛効果
・下痢どめ
・マラリア予防
・がん細胞の縮小

などなど多くの効果が発見されつづけ、
その一部は原産地の先住民が伝承してきた利用法の
裏づけにも
なっています。

驚くほど幅広いガラナの効果

上のようなことから、
ガラナに期待できる効果をまとめてみました。

  • 精力増強
  • 疲労回復
  • ED(勃起不全)改善
  • 生活習慣病の改善
  • 肥満予防
  • ストレス緩和
  • 老化防止(アンチエイジング)
  • 鎮痛効果
  • 運動能力アップ
  • 集中力アップ
  • マラリア予防
  • アルツハイマー予防
  • がん予防 etc.

ひじょうに多くの効果がありますね。
「不老長寿の妙薬」といわれるのもナットクです。

ガラナに注意すべきことは?

ガラナはアメリカの政府機関である「FDA(アメリカ食品医薬品局)でも
安全性がみとめられた成分です。
適切な使用量であれば、副作用などはない、とされています。

ただ、ガラナにふくまれるカフェイン(ガラニン)は
コーヒーの約3~4倍なので、過剰摂取には注意した方がいいでしょう。

カフェインだけでいえば、
成人のばあい1回200mgまで、1日あたりでは400mgまでとなります。
ガラナ1gにはカフェインが40mg相当ふくまれるので、
1回5gまで、1日なら10gまでとなるの計算ですね。

ちなみにですが、妊娠中の女性のばあい、
コーヒーでもカフェイン抜きが推奨されるように、
ガラナの摂取もしないことをオススメします。

いずれにせよ、サプリメントやドリンクなら、
それぞれの用法・用量や注意をまもれば大丈夫と思います。

ガラナの効果的な摂取のしかたは?

ガラナを摂取するなら、やはりサプリメントが効率的です。

ただし、ガラナにかぎりませんが、
栄養バランスを無視してたくさん摂ったところで、
そのぶん効果がアップすることはありません。

商品ごとに推奨されている
用法・用量をまもって正しく飲用しましょう。

まとめ

今回は「ガラナ」について、
歴史や成分、効果などを掘り下げてご紹介してきました。

いかがでしたか。

ガラナにはたくさんの可能性があり、
じっさいに確認されている効果も多いですが、
なかでも管理人の私が注目したいのは精力増強!

現にいまもガラナエキスが配合された精力剤を愛飲中です(笑)。
※管理人愛用の精力剤
>>【凄すぎ】ギムロットα(アルファ)のレビュー&評価【口コミも】

「精力剤なんか・・」と思いますよね(私もそうでした)。
でも、これがバカにできないんです!

私は30代で中折れ(ED)を患い、精力剤のおかげで自力回復しました。
その経験から、ライフワークとして、
ガラナをはじめ精力剤の成分についても探求しつつ、
現在に至ります。

ですので、こんな私の知識が少しでもお役に立てれば幸いです。

もし、勃起になんらかの不安(ED)がおありでしたら、
私がプロフィールでお話したように
精力剤を試してみてもいいかもしれませんね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
折れずにいきましょう!

【 追伸 】

誰にも知られず、自力でEDを克服したい
そうお考えの方に経験者の管理人がご提案するのは精力剤(下記・参考記事)です。
焦らず、根本的な改善をめざすなら試さない手はありません。

\ ピンとくる精力剤を探す /