亜鉛が男性に及ぼす影響と効果【セックスミネラルたる理由】

※当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。
男性機能に効果あり!?亜鉛を象徴するイメージ

こんにちは!管理人のKANOです。

今回の記事では、
ED(勃起不全・勃起障害)でお悩みの男性にとっては
欠かせない栄養成分となる「亜鉛」について解説します。

亜鉛はマカと並んで、精力剤の代表格とも言える成分。
※参考>>【マカのサプリ】飲むタイミングはいつ?効果的な摂取はこうだ!

病院やくすりに頼らないED対策を
発信している当ブログとしては、素通りできないテーマです。

ぜひ最後まで読み進めてみてください!

亜鉛が男性に及ぼす影響と効果とは

亜鉛は新しい細胞やタンパク質をつくるのに必要な材料で、
おもに骨や血液、肝臓や脳、
そして皮膚などに存在しているミネラル成分です。

私たち男性なら、精巣や前立腺により多くふくまれています。

かりにカラダ全体の亜鉛量が不足すると、
精巣と前立腺の含有量がほかの臓器以上に早く減ってしまうため、
男性機能にとって最重要な栄養素の1つといえるでしょう。

とくに、精子の製造には欠かせないことから、
亜鉛は別名セックスミネラル(性のミネラル)ともいわれています。

このように、亜鉛は私たちにとって必須のミネラルですが、
体内ではつくりだせないので食事から摂らなければなりません。

上でも触れたように、亜鉛は生殖機能とかかわりが深いので、
不足すると女性を妊娠させにくくなったり、
EDにつながる可能性もあります。

はんたいに、適切な量の亜鉛を正しく摂取するということは、

  • 活発な精子をつくり生殖機能をたかめる
  • ED(勃起不全・勃起障害)を改善に導く

などの効果が期待できるワケですね。

亜鉛とテストステロンの関係について

テストステロンはおもに睾丸で分泌されていて、
性欲の発動や勃起、射精などにはたらきかける
代表的な男性ホルモンです。

※参考>>【テストステロンの正体】勃起力の低下に関係はある?

亜鉛の不足は、
このテストステロンを低下させることもわかっています。

1996年のある研究実験で、
亜鉛をふくまない食事を一定期間つづけた男性のテストステロン値が、
実験前にくらべ75%ちかく低下したことで裏づけられました。

亜鉛の適切な摂取と注意点

亜鉛は体内ではつくりだせない必須のミネラルで、
生殖機能とかかわりが深い、とお話しました。

それならば積極的に摂取したい、、
となるのが人情ですが、じつは亜鉛にも1日あたりの適量があります。

15歳〜69歳までの男性に推奨されるのは1日10mgほどで、
ぎゃくに上記年齢の男性の摂取上限は1日40〜45mgといわれます。

参考までに、亜鉛を多くふくむ食材もご紹介しておきますので、
摂取量の目安にお役立てください。

魚介類肉類大豆製品
牡蠣 13.2mg豚レバー 6.9 mg納豆 1.9 mg
うなぎ 2.7 mg牛もも肉(赤身)4.4 mg高野豆腐 5.2 mg
ほたて(生) 2.2 mg鶏もも肉 2.0 mg
※いずれも食材100gあたりの亜鉛含有量(出典:文部科学省 五訂増補日本食品標準成分表)

ちなみにですが、
亜鉛は水に溶け出しやすいので、スープや鍋物などにすると
汁ごと食べられてせっかくの栄養を逃しにくくなります。
また、レモンや柚子、カボスなどでビタミンCをプラスすると
さらに吸収がアップするそう。

さて、
以上のように食材から亜鉛を摂取するだけならまず心配ありませんが、
サプリメントなどで過剰に摂りつづける(男性15歳~69歳の推奨量1日10mg)と、

  • 下痢や吐き気などが起きる
  • 鉄分や銅の吸収が阻害されて貧血を起こす

などの可能性があるので注意が必要ですよ。
何ごとも「過ぎたるは及ばざるが如し」と心得ましょう!

まとめ

お疲れさまでした。

亜鉛が私たち男性におよぼす影響と効果を中心に見てきました。

  • 亜鉛は新しい細胞やタンパク質をつくるのに必要なミネラル成分
  • 私たち男性の精巣や前立腺により多くふくまれている
  • 男性機能にとって最重要な栄養素で精子の製造には欠かせない
  • 体内ではつくりだせず食事から摂らなければならない
  • 不足すると不妊症やEDにつながる可能性も
  • 適切に摂取すれば生殖機能やED改善に期待できる
  • 1日あたりの摂取適量は15歳~69歳の男性で10mgほど

亜鉛は男性機能にとって重要きわまりない栄養素ですが、
それだけにとらわれず、
あくまでバランスを心がけることが大切(どんな栄養素や成分もおなじ)です。

当ブログはED(勃起不全)対策と精力剤を中心に発信していますので、
亜鉛についても精力剤の配合成分の1つ、という捉え方で解説してきました。
精力剤にせよ、亜鉛に特化したサプリメントにせよ、
それぞれの商品ごとに指定されている用法・用量を守るようにしましょう。

私は30代で中折れ(ED)を患い、精力剤によって自力回復しました。
その経験から、ライフワークとして、
亜鉛をはじめ精力剤の成分についても探求しつつ現在に至ります。

ですので、こんな私の知識が少しでもお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
折れずにいきましょう!

【 追伸 】

誰にも知られず、自力でEDを克服したい
そうお考えの方に経験者の管理人がご提案するのは精力剤(下記・参考記事)です。
焦らず、根本的な改善をめざすなら試さない手はありません。

\ ピンとくる精力剤を探す /